忍者ブログ
なかなかブログ更新ネタのない烏間です。

以前書き込みをいろいろやってた「店シナリオの作り方講座」。
更新日付を見たら2015年の話じゃないですかやだー!!! そんなに前なのかよ!!! とちょっと烏間が荒ぶっておりますが。
それはさておき、ツイッターで「技能カードの解説文の作り方」を呟いてみたところ意外と好評だったので、気の赴くままにちょっと書いてみることにしました。
こっちなら長文だろうとなんだろうと気兼ねなく書くことが出来ますからね!
(更新頻度の低さは推して知るべし。でも更新頻度が低いから情報も得やすいかもしれません)
追記からどうぞ。完全なる独断と偏見に基づく自己流ですが、お役に立つ情報があれば幸いです。
本当に気紛れにやってるので、文章はとても読み辛いと思いますが……!
あと滅茶苦茶長いです。あまりに長いのでこれを書いている途中にシリーズ化が決定しました。
続くのかなあ。

と言うわけで追記になりました。以下、ツイッターで呟いた内容を纏めながらお送りします。一部コピペだったりまとまってませんが気にしない方向で。

○そもそもスキルの解説文って何書けばいいのか
主に烏間がスキルの解説文を書いているときの話なのですが、次の事項の中からいくらか選び出して書いています。

重要度A:書いてないとプレイヤーがちょっと戸惑うかもしれない要素
・技能レベル(レベルいくつのカードかの明記)(7/18追記)
・技能そのものの分類(攻撃、回復、補助その他)
・技能そのものの効果(これがあると分類いらないかも。どんな効果が発生するか)
・効果対象(味方/敵方/自分自身に使える、単体/全体効果であるなど)
・技能の適性(フレーバーでも、明記でも。人によっては重要度B以下かもです)
・技能そのもののフレーバー(どんな剣技である、どんな魔法であるなど。人によってはB以下)

重要度B:書いておくとプレイヤーが使いやすくなる要素
・特殊な属性がある場合、特攻/無効化要素(不死者特攻、炎耐性で無効化など)
・実体の有無による有効/無効要素(物理だけど幽霊に効くよ、魔法だけど幽霊に効かないなど)
・使用時効果がある場合の特記事項(使用中は回避上昇、使用時ダメージある、など)
・大体の威力と命中精度(威力高め、命中精度低め、など)

重要度C:書いてあるとプレイヤーが嬉しい要素
・詳細なフレーバーテキスト(火の玉を放つ魔法だけどこんな謂れがあるのさ、など)
・補助効果の場合概ねの効果時間(明記しても長い短いでも。Aの効果に含まれるかな)
・特殊キーコード(飛行や明かりなど。織り込んでもいいし括弧で囲んで目立たせてもいいかも)
(以下追記するかもです)

全部書いているととてもではないですが、カード裏のエリアでは文字数が足りません。なので、この中から選んで書いていくことになります。
重要度Aの情報をなるべく取り入れつつ、BとかCとかの要素をちらほらと織り込んでいきつつ……文字数との戦いになります。

重要度別にどんなこと書いていこう、というのを追々説明できたらいいなあと思います。
ひとまず今回は重要度Aから!

○技能レベル
レベルが幾つの技能か。という表記です。
ないと買うときに困ってしまいます。値段で分かる可能性もありますが。
なお、技能の標準価格とされているのは、「200sp×技能レベル+400sp」です。
ご参考までに!(7/18追記)

○技能そのものの分類
これは文章のどこかで「攻撃する」とか「回復(治療など)する」「援護する」などの効果そのものが書かれていると分かりやすいかもです。
少なくともそのあたりがわかれば何でもいいと言う感じですかね。下に出てくる「技能そのものの効果」にちょっと被るところがあります。
それとは別にフレーバー的分類も入れていました(剣術、魔術、など)。
書いてあるとちょっとキャラクター構成がしやすいとかあるかもしれません。このPCはこんなことが出来る、というキャラメイク的な要素としては結構大きいかもですね。

○技能そのものの効果
攻撃系なら、ダメージを与える。
回復形なら、回復する。
支援系や攻撃回復でも追加効果があるタイプだとここの効果を明記するのが重要で、どんな効果が発生します、というのを書いてあると、プレイヤーさんは多分使いやすいはず。
その他細かいことも書いてくださるなら書いて欲しいのですが、その細かな分類あたりは他の項目に割り振ってました。書いているときに気付こう。

○効果対象
割と書いてないとどうしようかなってなる項目です。店売りの場合はですが。
攻撃か回復か補助か、の役割がはっきり分かっていると対象が敵か味方かは分かりますが、効果範囲(単体か、全体か、それとも自分自身だけなのか)は明記しておくとプレイヤーさんは助かると思います。

○技能の適性
あると割と技能選びの基準にします、という方も多い項目です。
説明枠の中に「器用度/好戦性」みたいな形で明記したり、「器用度と好戦性が要求される」みたいな書き方をしたり(烏間技能は割とこれが多い)、「技巧と闘争心が要求される」みたいなぼかした書き方でもいいかもしれません。
まあ、なくてもなんとかなってしまうのですが、個人的にはあると嬉しいなという理由でAに分類しています。ごめんなさい。

○技能そのもののフレーバー
烏間が技能作るときには大抵の場合一箇所は仕込んでいます、というだけの理由でAに入ってる項目です。すみません。
この技能はどんな技能なのか、というのを入れておくと、プレイヤーさんがイメージしやすいかもしれません。
鋭い踏み込みから放つ攻撃である、とか、魔法の矢を打ち出す術である、とか。フレーバーと言っても概ねそんな感じですね。
ちょっとだけ書いておいて残りは想像にお任せします、でも、結構詳細に書いてこんなかっこいい技なんだ! ということを表現しても面白いと思うのです。
そのあたりは札絵とのバランスを見て(札絵でどこまで表現しているかにもよるのかもしれない?)決めてもいいのかもしれませんね。
例えば剣のイラストが配置されていれば剣技というのは分かるので、どんな感じ、というところをテキストに書くであるとか、その背景に狼のイラストが配置されていれば、狼の何を模した剣技であるのか、とか。
他の項目との兼ね合いがあるので、この項目は文字数に余裕がなければカード裏解説文にして1行~1行半くらいまででまとめておくのかいいかもしれません。

……と言うわけでざっくり書いてみましたが、残りは後日です。
後日頑張って書けるときに書きます。

拍手[1回]

PR


追記を閉じる▲

と言うわけで追記になりました。以下、ツイッターで呟いた内容を纏めながらお送りします。一部コピペだったりまとまってませんが気にしない方向で。

○そもそもスキルの解説文って何書けばいいのか
主に烏間がスキルの解説文を書いているときの話なのですが、次の事項の中からいくらか選び出して書いています。

重要度A:書いてないとプレイヤーがちょっと戸惑うかもしれない要素
・技能レベル(レベルいくつのカードかの明記)(7/18追記)
・技能そのものの分類(攻撃、回復、補助その他)
・技能そのものの効果(これがあると分類いらないかも。どんな効果が発生するか)
・効果対象(味方/敵方/自分自身に使える、単体/全体効果であるなど)
・技能の適性(フレーバーでも、明記でも。人によっては重要度B以下かもです)
・技能そのもののフレーバー(どんな剣技である、どんな魔法であるなど。人によってはB以下)

重要度B:書いておくとプレイヤーが使いやすくなる要素
・特殊な属性がある場合、特攻/無効化要素(不死者特攻、炎耐性で無効化など)
・実体の有無による有効/無効要素(物理だけど幽霊に効くよ、魔法だけど幽霊に効かないなど)
・使用時効果がある場合の特記事項(使用中は回避上昇、使用時ダメージある、など)
・大体の威力と命中精度(威力高め、命中精度低め、など)

重要度C:書いてあるとプレイヤーが嬉しい要素
・詳細なフレーバーテキスト(火の玉を放つ魔法だけどこんな謂れがあるのさ、など)
・補助効果の場合概ねの効果時間(明記しても長い短いでも。Aの効果に含まれるかな)
・特殊キーコード(飛行や明かりなど。織り込んでもいいし括弧で囲んで目立たせてもいいかも)
(以下追記するかもです)

全部書いているととてもではないですが、カード裏のエリアでは文字数が足りません。なので、この中から選んで書いていくことになります。
重要度Aの情報をなるべく取り入れつつ、BとかCとかの要素をちらほらと織り込んでいきつつ……文字数との戦いになります。

重要度別にどんなこと書いていこう、というのを追々説明できたらいいなあと思います。
ひとまず今回は重要度Aから!

○技能レベル
レベルが幾つの技能か。という表記です。
ないと買うときに困ってしまいます。値段で分かる可能性もありますが。
なお、技能の標準価格とされているのは、「200sp×技能レベル+400sp」です。
ご参考までに!(7/18追記)

○技能そのものの分類
これは文章のどこかで「攻撃する」とか「回復(治療など)する」「援護する」などの効果そのものが書かれていると分かりやすいかもです。
少なくともそのあたりがわかれば何でもいいと言う感じですかね。下に出てくる「技能そのものの効果」にちょっと被るところがあります。
それとは別にフレーバー的分類も入れていました(剣術、魔術、など)。
書いてあるとちょっとキャラクター構成がしやすいとかあるかもしれません。このPCはこんなことが出来る、というキャラメイク的な要素としては結構大きいかもですね。

○技能そのものの効果
攻撃系なら、ダメージを与える。
回復形なら、回復する。
支援系や攻撃回復でも追加効果があるタイプだとここの効果を明記するのが重要で、どんな効果が発生します、というのを書いてあると、プレイヤーさんは多分使いやすいはず。
その他細かいことも書いてくださるなら書いて欲しいのですが、その細かな分類あたりは他の項目に割り振ってました。書いているときに気付こう。

○効果対象
割と書いてないとどうしようかなってなる項目です。店売りの場合はですが。
攻撃か回復か補助か、の役割がはっきり分かっていると対象が敵か味方かは分かりますが、効果範囲(単体か、全体か、それとも自分自身だけなのか)は明記しておくとプレイヤーさんは助かると思います。

○技能の適性
あると割と技能選びの基準にします、という方も多い項目です。
説明枠の中に「器用度/好戦性」みたいな形で明記したり、「器用度と好戦性が要求される」みたいな書き方をしたり(烏間技能は割とこれが多い)、「技巧と闘争心が要求される」みたいなぼかした書き方でもいいかもしれません。
まあ、なくてもなんとかなってしまうのですが、個人的にはあると嬉しいなという理由でAに分類しています。ごめんなさい。

○技能そのもののフレーバー
烏間が技能作るときには大抵の場合一箇所は仕込んでいます、というだけの理由でAに入ってる項目です。すみません。
この技能はどんな技能なのか、というのを入れておくと、プレイヤーさんがイメージしやすいかもしれません。
鋭い踏み込みから放つ攻撃である、とか、魔法の矢を打ち出す術である、とか。フレーバーと言っても概ねそんな感じですね。
ちょっとだけ書いておいて残りは想像にお任せします、でも、結構詳細に書いてこんなかっこいい技なんだ! ということを表現しても面白いと思うのです。
そのあたりは札絵とのバランスを見て(札絵でどこまで表現しているかにもよるのかもしれない?)決めてもいいのかもしれませんね。
例えば剣のイラストが配置されていれば剣技というのは分かるので、どんな感じ、というところをテキストに書くであるとか、その背景に狼のイラストが配置されていれば、狼の何を模した剣技であるのか、とか。
他の項目との兼ね合いがあるので、この項目は文字数に余裕がなければカード裏解説文にして1行~1行半くらいまででまとめておくのかいいかもしれません。

……と言うわけでざっくり書いてみましたが、残りは後日です。
後日頑張って書けるときに書きます。

拍手[1回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック