忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ギルド投降予定品としてはかなり久しぶりの新規作品になります烏間です。

表題通り新作店シナリオ「宝石と杖のグリモア」のテストプレイ版を公開しました。
またまた属性魔法店シナリオです。
「万色の魔術師、その遺産」でやらなかった、宝石や賢者の杖、隠者の杖ベースの属性魔法です。
火・光・地・風・水・闇・無・氷の8属性に10枚ずつ収録しています。
それが更に画像差し替え版で3種類あるのでデータ量的には240枚収録されています。
更にMP3を使ったのでギルド登録予定作品としては過去最大容量を突破した……ような気がします。

もしお気づきの点がございましたら、この記事にお寄せいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

アップローダーはこちらです。

拍手[1回]

PR

新作店シナリオが作りたい烏間です。

で、その新作を作っているときに技能バランスがおかしいことに気付いてしまったので「万色の魔術師、その遺産」を微妙に更新しました。
更新内容は、

・技能「岩剣の墓標」「怒涛の暴圧」「氷床の筵」「暴威の闇刃」威力修正(ほぼ強化)

です。
既にお持ちの方、お手数ですが更新していただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

アップローダーはこちらです。

20:00頃追記
更にVer3.04にアップされました。

・技能「魔刃の乱舞」「星煌の嵐」「水の刃」「唸る風刃」「癒しの雫」「穿光の矢」「弾ける礫」「衝打の水」
 それぞれ威力修正(上方修正)しました

お手数ですが再度更新をお願いいたします。

拍手[1回]


読み物シナリオは毎度突貫工事でごめんなさいな烏間です。

プライベート読み物シナリオ「天会時」のテストプレイ版を公開しました。
義理親子のPC2名用の読み物(再編不要)で、かなり性格や過去が固定されています。
ひょんなことから日食を見る話です。

配役はReadmeにも掲載していますが、

主役:語り手、義理の子PC。
   あまり明るい過去はなく、義理親のPCを眩しく思っている。
   読みようによっては依存しているようにも見えるかもしれない。
   このシナリオでは義理親PCのことを親として呼んでいる(名前呼びは非対応となっています)。
サブ:義理の親PC。
   優しいが今一歩を義理の子PCに向かって踏み出せず、
   いまいち関係性に自信がないが、義理の子PCのことは大切に思っている。

こんな感じになっております。

かなり人を選ぶ内容かと思いますが(そもそも前提条件から言って特殊ですし)、もしご興味がありましたらお手に取っていただけると幸いです。

アップローダーはこちらです。

追記 22:50にVer0.01になりました。
「息子」と言うべきところを「娘」と言ってしまう重大なバグを修正しました。
その他設定画面での誤字(バグ)が修正されています。

拍手[1回]


昨日から更新しまくってますが新作はないんです烏間です。

まずはギルドの「万色の魔術師、その遺産」をVer3.02に更新しました。
更新箇所は技能「夜星の誘い」の誤字修正のみです。
気になる方は差し替えをお願いいたします。

ギルド投稿シナリオのアップローダーはこちらです。

そしてプライベート公開中の「CW店シナテンプレート烏間版」もVer2.00に更新しました。
追加したのは、

・商品展示の切り替えサンプル(実動エリアつき)
・商品陳列の横並びサンプル(それなりに配置したいけど計算面倒な人向け、アバウト)
・カード解説文のヒント集(スキルとアイテムの形で入れています、ビルダーで開いてください)
・メッセージコンテントの改行ヒント(少しだけで主に独断と偏見)

という感じのものです。
それぞれビルダーで開いて確認していただく形となります。
店シナリオ製作に興味がございましたら、お手にとってみてくださいませ。
相変わらずVer1.50以上で使うことが出来ます。

店シナテンプレートのアップローダーはこちらです。

拍手[2回]


で、完全にもう何も出来ないだろうと思った直後に現れる烏間です。

今回はシナリオ作者さん向けの更新です。
ビルダーVer1.50以上(つまりNextとか、恐らくPyでも可)で使える、PT再編成不要な2人用シナリオのテンプレートです。
多分先駆者がいるような気がするのですが、一応自分用に作ったものを説明書加えて公開してみました。
このテンプレートでは
・シナリオに登場するPCの設定
・シナリオ登場PCの口調/一人称の設定
・シナリオ開始(開始時に飛ぶエリアは未設定)
の一連の流れと、
・特定PCの表示/回転/非表示のパッケージ
・PCの彼/彼女表記設定
という小道具を加えて設定されています。
細かい動作はReadmeを見たり自分で開いて確認してください、という非常に不親切な設計なのですが、もしお役に立つことがございましたら使ってやってくださいませ。

アップローダーはこちらです。

拍手[1回]