忍者ブログ
本年中はお世話になりました。
お世話になりましたので、毎年恒例の(毎日更新じゃなくなってもこれは忘れないらしい)今年の振り返り記事を書いて年を越したいと思います。
追記を読まない方向けに。来年もよろしくお願いいたします。

以下、追記から。



そんなこんなで、今年製作したシナリオについて色々語ってまいります。
今年完成したシナリオは6作品、うちギルド公開が5作品の店シナリオ、企画提出の読み物シナリオが1作品となっております。
ここのブログで公開しているのは5作品のみですね。

「Open eyes」(「病み鍋祭」に投稿) 3月下旬公開
今年唯一の読み物シナリオ。にして、うっかり投げた病みシナリオ。

病みシナの割に心の闇クーポンには一切対応していません。
色々と問題作です。絶対に真似をしてはいけません。
ちなみに恐れ多くもリプレイを書いていただいております……ひええ……。
たまにこういうのを出していますね。

「双月を映すもの」(ギルド投稿) 5月上旬ギルド公開
大鎌技を扱った、品数の少ない(割に適性互換が豊富にある)店シナリオ。
このあたりから適性互換を大量準備する悪癖が身に付いたようです。技能収録数は実質20枚(属性互換を含めなければ10枚)とかなり少なめですが、データ上はその3倍、60枚も収録されております(汗)。
大鎌技は適性イメージがかなりばらばらだったので今回の暴挙にいたりました。若干反省はしておりますが!!
そして完成後にスランプに陥り、暫く次の店シナリオが出せませんでした……。

「白桜に集う剣」(ギルド投稿) 9月上旬正式版公開
属性剣術を扱った店シナリオ。5月以降陥っていたスランプの間に作っていた画像を何とか形にして店シナリオに。
ここでは適性互換よりは属性互換が重視された……のですがうっかり西洋剣Verと日本刀Verを用意してしまったため、物量が再び2倍に膨れ上がりました。
少しでもイメージの足しになればな、と思って付け加えたのですが、いかがでしょうか。
バランス面にかなりの難があり、再調整をして出しております。

「花舞う剣」(ギルド投稿) 9月下旬正式版公開
花言葉をモチーフにした剣術を扱った店シナリオ。このシナリオだけNext専用になっています。
その理由が『技能名が1.50ビルダーだと入りきらないから』。
……そんなしょーもない理由だけでNext専用にするなよって話ですよね。ごめんなさい。
このシナリオに関しては大分前から検討はしていたのですが、形になるのに大分時間が掛かりました。
花言葉をモチーフにしている割に、花の画像そのものは一切使っていないというちょっと変わった画像構成になった気がします。花弁素材は使いましたが。

「視る者、識る者、呪う者」(ギルド投稿) 11月中旬正式版公開
魔眼モチーフの店シナリオ。実際の技能枚数は14枚ほどですが、適性互換2種類と色互換4種類を作った関係上、その枚数は8倍に膨れ上がりました(!?)。
少しでもイメージに近いものがあれば……というアレだったのですが、データ量は膨大に。
……誰かのお気に召したのであれば幸いです。
ものすごい分量の画像差分を用意した気がしますが、意外とそうでもないのかも。

「四式聖堂」(ギルド投稿) 12月上旬正式版公開
教会系の法術の属性互換的なことを考えて製作した店シナリオ。画像とネーミングは違いますが、大体の技能は適性互換的なものとなっております。あくまでイメージ増強用。
なんとなくですが、属性魔法と精霊魔法と神聖術がごっちゃになった感じのものをイメージしています……が、プレイヤーさん次第だと思います。


以上でしょうか。
上半期はどうなることかと思いましたが、下半期は割と盛り返しましたね。
来年はどうなることでしょうか。

と言うわけで、今年もありがとうございました!

拍手[2回]

PR


追記を閉じる▲

そんなこんなで、今年製作したシナリオについて色々語ってまいります。
今年完成したシナリオは6作品、うちギルド公開が5作品の店シナリオ、企画提出の読み物シナリオが1作品となっております。
ここのブログで公開しているのは5作品のみですね。

「Open eyes」(「病み鍋祭」に投稿) 3月下旬公開
今年唯一の読み物シナリオ。にして、うっかり投げた病みシナリオ。

病みシナの割に心の闇クーポンには一切対応していません。
色々と問題作です。絶対に真似をしてはいけません。
ちなみに恐れ多くもリプレイを書いていただいております……ひええ……。
たまにこういうのを出していますね。

「双月を映すもの」(ギルド投稿) 5月上旬ギルド公開
大鎌技を扱った、品数の少ない(割に適性互換が豊富にある)店シナリオ。
このあたりから適性互換を大量準備する悪癖が身に付いたようです。技能収録数は実質20枚(属性互換を含めなければ10枚)とかなり少なめですが、データ上はその3倍、60枚も収録されております(汗)。
大鎌技は適性イメージがかなりばらばらだったので今回の暴挙にいたりました。若干反省はしておりますが!!
そして完成後にスランプに陥り、暫く次の店シナリオが出せませんでした……。

「白桜に集う剣」(ギルド投稿) 9月上旬正式版公開
属性剣術を扱った店シナリオ。5月以降陥っていたスランプの間に作っていた画像を何とか形にして店シナリオに。
ここでは適性互換よりは属性互換が重視された……のですがうっかり西洋剣Verと日本刀Verを用意してしまったため、物量が再び2倍に膨れ上がりました。
少しでもイメージの足しになればな、と思って付け加えたのですが、いかがでしょうか。
バランス面にかなりの難があり、再調整をして出しております。

「花舞う剣」(ギルド投稿) 9月下旬正式版公開
花言葉をモチーフにした剣術を扱った店シナリオ。このシナリオだけNext専用になっています。
その理由が『技能名が1.50ビルダーだと入りきらないから』。
……そんなしょーもない理由だけでNext専用にするなよって話ですよね。ごめんなさい。
このシナリオに関しては大分前から検討はしていたのですが、形になるのに大分時間が掛かりました。
花言葉をモチーフにしている割に、花の画像そのものは一切使っていないというちょっと変わった画像構成になった気がします。花弁素材は使いましたが。

「視る者、識る者、呪う者」(ギルド投稿) 11月中旬正式版公開
魔眼モチーフの店シナリオ。実際の技能枚数は14枚ほどですが、適性互換2種類と色互換4種類を作った関係上、その枚数は8倍に膨れ上がりました(!?)。
少しでもイメージに近いものがあれば……というアレだったのですが、データ量は膨大に。
……誰かのお気に召したのであれば幸いです。
ものすごい分量の画像差分を用意した気がしますが、意外とそうでもないのかも。

「四式聖堂」(ギルド投稿) 12月上旬正式版公開
教会系の法術の属性互換的なことを考えて製作した店シナリオ。画像とネーミングは違いますが、大体の技能は適性互換的なものとなっております。あくまでイメージ増強用。
なんとなくですが、属性魔法と精霊魔法と神聖術がごっちゃになった感じのものをイメージしています……が、プレイヤーさん次第だと思います。


以上でしょうか。
上半期はどうなることかと思いましたが、下半期は割と盛り返しましたね。
来年はどうなることでしょうか。

と言うわけで、今年もありがとうございました!

拍手[2回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック